FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家のこと、などなど。

今日、7月1日は、実家のある町の神社のお祭りです。
子供のころは毎年楽しみにしていました。
神社通りには沢山の出店が並んで、普段はめったにもらえないお小遣いももらえたりして。。
私が通っていた小学校は、神社祭の日を開校記念日にあてて、休校にしていました。
学校は休みになるは、家ではご馳走も並ぶわで、
とにかく楽しかったです(*^_^*)

ご馳走といえば、、、
先日、家を出て、遠くの大学に通う息子が、我が家での法事のために帰省してました。
身内だけの法事で、親戚の接待も無く、夜は『第1回、我が家宴会』をしました(*^^)v
息子が『美味しいもの、沢山作ってくれ』と言うので、息子の好物などいろいろと作りました。
ご馳走と言っても、普通の家庭料理なんですけどね(^_-)-☆

この大鉢は、趣味で陶芸をやっていた、実家の母の作です。
久しぶりに出しました。
下に敷いているランチョンマットは、私が縫いました。
遠州綿紬という織物を使っています。
DSCN0011 (2)
これに、きんぴらごぼうを山盛りに入れたのですが、きれいになくなりました(*^^)v


母が陶芸を始めた時、すでに、リュウマチが発症していたと思うのですが、
始めの頃はあまりひどい症状も無く、こんな作品も作れたんですよね。
他にもいろいろあります。
茶碗やコーヒーカップなどの小物よりも、大鉢や花瓶といった比較的大きな作品を作っていました。

DSCN0012 (2)
器の裏には、母の刻印があります。
母の名前の中の一文字「喜」の草書体というそうなんですが、「㐂」を好んで作品の裏に入れてました。

実家の両親はすでに亡くなり、帰れる場所ではなくなってしまいましたが、
こんな風にでも受け継ぐものがあるというのは、とても、幸せなことなのかも知れないね。。と思うのは、
私も、年を取った、ということなのかしら?


スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

息子さん、久しぶりの手料理喜ばれたでしょうね♪
やっぱり母の手料理が1番だと思います(*´▽`*)

お母様の大鉢すごいですね!
私は陶芸はしたことがありませんが
物を作れる方を尊敬しています。
もちろん素敵な作品を作れる水玉ネコさんも
尊敬しています~(*´ω`*)

Re: こんばんは♪

双子パンダさま
特別な物は作れませんが、残さず食べてくれる事が、何よりもうれしいものです。

モノ作りの事で、尊敬だなんて言われると、ちょっと、恥ずかしい。。
母親の影響が大きいのは確かだと思います。
晩年の母は、肘や手を中心に、リュウマチの痛さに悩まされていました。
何度か手術もして、頚椎コルセットも外せず、特に、夏は大変そうでした。
リュウマチが無ければ、もっと陶芸に没頭できたかもしれません。
それでも、体が動くうちに、陶芸に出会えてよかったね。。と思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。