スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のスヌード、出来ました。

PICT0029.jpg

前の記事で「このまま行けそうです」などと書いておりましたが、
やっぱりね、というのか、またしても、途中で編み方を変更して編み直し、出来上がりました。

変更したのは、編み針の太さで、1号太くしました。
セーターではわりとカチッとした編み地が好きなのですが、
スヌードの場合、直接肌に当たる部分があるので、もう少し、柔らかく編まねば。。。と思いまして、
針を太くしてややゆったりさせました。
そうすると、初めの編み地だと、幅が広くなるので、縄編みの目数と交差編みの組み合わせを変えて
サイズ調整をしました。

当地は今日も暖かで、スヌードの出番はまだまだですが、
冬になればそれなりに寒いので、スヌードは活躍してくれると思います。

スポンサーサイト

次のスヌード

PICT0024.jpg
今日は暑い!
じんわり汗をかいてます。
そんな中、毛糸を編んでます(・・;)
スヌードになる予定です(^^♪

これは純毛の並太糸で、9号の棒針で編んでます。
編み物を始めた頃からこういう糸が好きでよく編んでいたので、
なじみがあるというのか、気持ちは楽。。
このまま行けそうです(*^_^*)

ワインレッドのスヌードは一旦お休みです。
糸には、ウールの他にシルクが入っているせいか、肌触りがとっても良いので
なんとかスヌードに仕上げたいと思っています。
より良くなるように、もう少し考えます。



それから、
以前の記事に書いた「グレー~薄紫の微妙な色合いの物」の写真を撮りました。

PICT0011 (2)

せっかくなのでトルソーに着せてみました。
このトルソー、とあるブティックの閉店セールの時に売りに出されていたもので、とっても格安だったので買ってしまった。
今後のイベントやフリマの時に役立てたいわ、と思ってます。

糸は、手芸店の在庫処分セールで買った物。
グレー系の段染めと薄紫系の段染めが2玉ずつで、何を編もうか迷っていたのですが、
2種類合わせても違和感無く、スヌードに仕上げるのに4玉使ってぴったりだったので、
バーゲン好きの主婦にとっては、うれしいお買い物&楽しい編み物でした(^_-)-☆



秋風に吹かれて

今日は秋晴れの良い天気、
でも、紫外線をできるだけ避けたいSLE患者にとっては、
必ずしも良い天気とは言えないのが、悲しいところ。
午前中に紫外線対策をして、昨日に続き、生け垣の中の『つる』探しをしました。

『つる』の根本を探して地面を見ると、
あちこちにカタツムリやセミの抜け殻が落ちていました。

カタツムリの抜け殻

散り積もった落ち葉の上は、踏むとふかふかで気持ち良かったです。
下の方はきっと腐葉土になっているんだろうね。
いろんな虫たちの抜け殻も、いずれは土に還るんだね。

ハートの形の葉っぱ

探していた『つる』の葉っぱ。ハートの形?
何ていう名前の植物なんだろう?

あれこれ考えつつ、
心地よい秋風に吹かれながらの屋外の作業でした。

クリスマスのリース(下準備)

pict0073.jpg

昨日、ゴミ出しに行った帰りに、家の生け垣の槙の木にからみついている『つる』を
ぐいっと引っ張って、ねじりながら輪っかを作り、物干し竿に引っかけて、家に入りました。
直径3~4cmのちっちゃいリースです。
さすがに1日じゃ乾かないわね。
まだ青々としています。

pict0069.jpg

今日はもう少し大きい輪っかにしようと思って、夕方、生け垣の中の『つる』探し。
外に出るのに紫外線を気にしなくて良い分、気持ちは開放的になるんだけど、
やっぱ、半袖はまずかった。
蚊に刺されまくりました。
まだいるんだよね~、蚊がさ~。

蚊をぱちぱちたたきながら、直径15~20cmくらいのリースを2つ作って、物干し竿へ。
それぞれ、1本の『つる』で出来ています。
地面に近い方は良い感じに木肌が枯れたようになってます。

カラカラに乾くまで、どれくらいかかるかな~?
クリスマスには間に合うよね~?
青い所は、乾くと、黒くなったような記憶もあるけど、大丈夫かな?
いろいろ不安。。。

実は、去年の作りかけのリースもあるので、まずは、去年のを仕上げよっ(^^♪

あれこれ中途半端だ。

去年のリース、1年ほったらかしても、虫食いの跡など無かったので、
むしろ安心して使えるってことかな?
と、都合良く解釈して頑張ります(^_-)-☆

編みシュシュ

PICT0063.jpg

シュシュを編みました。
1玉で、ちょうど2コ編めました。
残りの糸が15㎝くらいだったので、ぴったり!

PICT0054.jpg

数種類のラメ糸が所々に入っていて、私はとても好きな糸。
太めの針でシンプルに編んだので、あっという間に2コできました。
良い気分転換になりました。

そして、もとの毛糸だま

ほどきました。
去年の続きのワインレッドのスヌード。
あと少しだったのにね。
あれよと言う間に、毛糸だま。
ま、さすがに、羊にまでは戻りません(・_・;)

毛糸だま


理由は、
あれほど考えて作ったのに、何かが引っかかってしまった、ということです。
その「何か」をうまく説明することができませんが、
編み続けるよりも、ほどく気持ちの方が強くなったので、ほどいた次第。
頑固者なんです、私。

毛糸だまの巻き方は、父に教えてもらいました。
「指の上に重ねて巻くようにするんだ」
そうすると、糸がぎゅぎゅっと締まらずに、ふわっと巻けるのです。

父も、子供の頃に、おばあちゃんのお手伝いをしたんだね、きっと。
そんなことを想像しながら教わりました。

手で毛糸だまを巻く時に思い出します。
そうすると、あまり苦痛な作業には思えなくなるから不思議ね。
「さ、次、頑張ろう」って、思えます。

つぎは去年のつづき

「さて、次は?何作る?」と言っても、だいたいは決まっていました。
去年の続きのスヌードです。

PICT0248.jpg


巷で流行っているらしい「スヌード」って、実際にどんなものなんだろう?と思っていたら、
姉が編んでました。
NHKの「すてきにハンドメイド」で放映されていたものです。
中細というとても細い糸で、ちまちまと編んだもの。
見せてもらったら、とても軽くて暖かかった。
なんだか「すてきね~」と思って、私も編んでみたくなりました。

PICT0040 (2)

手持ちの糸に中細は無かったので、並太くらいのオレンジの糸で。
新聞のチラシの裏に編み図をメモをしながら、編んじゃーほどきを繰り返して編み地を作って、
はじめてのスヌードが出来ました。

この糸、娘が小さい頃にセーターを編もうと思って買ったものでした。
ところが、ある時突然「ちくちくするからイヤ~」と言って、セーターを見ると逃げ回るようになってしまい、
糸は、しまい込んだままになっていたのでした。
とても好きな糸だったので、ようやく出番が来て良かったです。

他にもう1つ、画像はありませんが、グレー~薄紫の微妙な色合いの物も、デザインを替えて編みました。

上の画像のワインレッドのは、あと少しのところだったんですが、途中で春になってきて中断。
10月になって再び取り出し、続きを編んでます。
あと毛糸玉1玉くらい編めば出来上がるので、ちょっと楽。

頑張るわ!

ビーズのがま口

PICT0035.jpg
最後の1つが出来ました。

本体が、前の2つに比べて、やや大きく編み上がったので、
口金に収まるかどうか心配だったのですが、
案外すんなりと収まってくれて良かった。


私は子供のころから何かしら作ることが好きで、
手芸っぽいことでは、小学生の頃に、フェルトやハギレを使ってちまちまとマスコット人形などを作っていました。
その後は、棒針でセーターを編んだり、ミシンで巾着袋を縫ったり。
ほぼ独学で、誰かに縫い物を習った経験といえば、母親と学校の家庭科くらいかな?

作りたい物があっても、必要な材料が全て手に入るわけでもなかったから、
いろいろ考えて、工夫して。。
限られたお小遣いで出来る範囲で頑張ってたのね。
どんなに小さなハギレでも大切にしていた。
懐かしい。。。

就職や結婚、出産、発病。。と環境は変わっても
手作りが好きなことは、ずっと変わらず、
ふと気づけば中高年のおばさん!

今回の3回頒布のがま口キットを始めるにあたって、私の中で決めていたことは、
「出来る限り、説明書通りに作る」
「難しくても、投げ出さずにやり遂げる」
ということでした。

完成見本の実物を見ていないので、正しくできたかどうか分かりませんが、
3つともがま口の形に出来上がったので、今はとにかくほっとしてます。
作り目に入れるビーズを、とうとう3つとも省いてしまったのは、やや、心残りではありますが。。。

よくお世話になっている手芸店のおばあちゃんが言ってました。
「編み物って不思議。同じように編んでも、編む人によって、やっぱりどこか違う」って。

せっかくの手作りだからね。
自分らしく出来るとうれしいわ。

さて、次は?
何作る?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。